新津プロのブログ:トップレベルの衝撃的なあがり

niitsu
みなさん新津です。
この前、衝撃的なあがりがあったので紹介しますね。

状況はオーラス。
ダントツのトップ目がいて、234着がせっています。私は2着目。

そこにトップ目からリーチ。
ここに打てば、ほとんどラスなので、打ちたくありません。

私の手牌です。
20190528_1
ドラのくっ付き狙いのイーシャンテン。

トップ目のリーチなので、放銃しなければ、ノーテンでも2着と、気持ちは引き気味です。

まずはツモ7ピン。
20190528_2

で現物の打8ピン。

次のツモは6ピン。
20190528_3
現物ではないけど一枚切れの打西。

ここでリーチ者から発。
2ピンが通っているのでまぁ5ピンは切れそう。
発をポンすると、
20190528_4
ハネマンのテンパイだけと、ドラタンではちょっとと思いスルー。

すると、すると次のツモは赤5ピン。えっ!
20190528_5

ドラを切ればツモスーのテンパイ!
えっ…でもよくみたらフリテン。
ありゃ~!!

役満ツモならかろうじてトップなので、ここは勝負かなと思いましたが、フリテンがなぁという矛盾だらけの弱気思考で打5ピン。

そしたらね!何と次のツモは発ですよ!
本当にありゃ~ですよ。
まぁ打赤5ピンで、
20190528_6
スッタン、しかもドラタンキ待ち!

いや…本当にサイテーだな(苦笑)

そして1巡おいてのツモが

……七萬……

いゃ~ビックリです。
長い麻雀キャリアのなかでもトップレベルの衝撃的なあがりでした。

それではみなさんまた「たぬ新宿店」でお会いしましょう。